"お金の『基礎演習』"~20代FPが大阪から発信!20代のお金の教養講座~

大阪のファイナンシャルプランナー(AFP)、うえまっつんによるブログ。主に20代に向けた『お金の教養講座』『関西発!賢く暮らす知恵袋』を展開する傍ら、日々の暮らしを書いている。

メインコンテンツ「お金の『基礎演習』」目次はこちら
   本サイトの説明はこちら ・ 管理人のご紹介・お問い合わせはこちら

脱!会社と家の往復生活

ファイナンシャルプランナー活動日報

  会社で仕事して、家に帰るー。

  毎日それを繰り返す。

  世の中の多くの「社会人」がしている行い。

  仕事するために給料をもらい、仕事するために休んでー。

 

いやいや、そんなん嫌やと視野を広げることにした。
今日は、その経過報告でございます。

 

 

「仕事」のための人生は嫌だ!

1週間のうちの多くの時間を仕事と通勤に費やして、その対価として報酬を得る。

土日を楽しみに仕事して、日曜日の18時半のお茶の間にサザエさんが流れるがごとく、日曜日の夕方には気分が滅入る。

「会社と家との往復」の生活では、得てしてこんな感じになってしまう。
これがとっても嫌だったのです。

実際、こうだった時期がないというと、嘘になります。

 

視野を広げると、仕事も楽しく(なるかもしれない、という兆し)

視野を広げる①ボランティア

そこでまず始めたのは、ボランティア。
学生時代、ボランティアコーディネーターとしてボランティア相談にのったり、
プログラムを設計したりしてきた。その経験を生かして、社会人でも参加しやすいボランティアプログラムの運営、開発に取り組んでいます。

www.osakavol.org

会社帰りに会議に参加したり、週末にプログラムを実施したり。
一緒に活動しているメンバーも多様なメンバーだし、多様なプログラム参加者との交流も楽しい。

この取り組みで、会社と家の往復にプラスアルファの居場所ができました。

視野を広げる②FPの勉強

次に取り組んだのが、ファイナンシャルプランナー試験

FPを受験した経緯は以前まとめたとおりです。

→関連記事:

uemat-blog.hatenablog.com

最初は仕事に役立てようとした(給料が安いので、昇給につながれば、という考えもあった)のですが、試験合格してから考え方が変わりました。

というのも、学生時代の経験を思い出したからです。中学生とお金の使い方、社会の仕組みを学ぶ場(京都市ファイナンスパーク学習)に、ボランティアとして関わっていたのもあり、ファイナンシャルプランナーという職業に出会って、さらに考え方が変わったのです!

 

知恵を提供し、お客さまに喜んでいただく!

ファイナンシャルプランナーというのは、お客様の課題を拾い上げ、提案を通じてお客様の課題解決につなげ、喜んでいただくというのが仕事になります。

 

自分の知恵をもってお客さんの課題に応える。
そして、お礼を言っていただける。

 

これが今の私にとって、とっても楽しいことに気づきました。
この働き方、今の(職場での)仕事にも生かせます。

顧客の課題には、税務でなくてもできる限り応えていく。(コンサルティングの側面)
これが所長の考える方向性だそうです。
ファイナンシャルプランナーとしての知識、技能は確実に役に立つのではないか。
2019年はそれをウリに仕事をしていけないかと模索しております。

 

活動量は増えたが、日曜日がしんどくないし、仕事もうまくいく

そんなこんなで、これから自分の持っている力を生かして幅広く動いていこうと思うようになり、活動量は格段に増えました。平日は当然職場で仕事をする。

平日夜はセミナー、会議、イベントが入ることもあります。
週末だって、研修会やボランティアプログラムが入ります。

 

いろいろ始めた頃は、仕事の質が下がらないよう、週末の予定を節制したこともありましたが、最近は断ることなく活動に当たります。

 

何もせず体を休めたり、週末の昼まで寝たりといったことは減りましたが、週末はもちろん月曜日も気分が下がらずに職場へ向かうことができるようになりました。

 

2019年は、自分の力で仕事もそれ以外もガシガシ切り開いていければと思います。
皆様、応援のほど、よろしくお願いします。

 個人情報保護方針
 管理人へのお問い合わせ