"お金の『基礎演習』"~20代FPが大阪から発信!20代のお金の教養講座~

大阪のファイナンシャルプランナー(AFP)、うえまっつんによるブログ。主に20代に向けた『お金の教養講座』『関西発!賢く暮らす知恵袋』を展開する傍ら、日々の暮らしを書いている。

メインコンテンツ「お金の『基礎演習』」目次はこちら
   本サイトの説明はこちら ・ 管理人のご紹介・お問い合わせはこちら

基礎編)『銀行』の種類と、その使い分け

お金の『基礎演習』

社会人な皆さんの生活にとって銀行は、なくてはならない存在だと思います。 

銀行には種類があるって、ご存じでしたか?

目的に合わせて銀行を使い分けると、さらに便利に利用できます。

銀行、さらには銀行によく似た機能を持つ金融機関を、今一度勉強してみましょう。

 銀行っていろいろあるけれど

まずは、基本的なお話。世の中には、「銀行」がたくさんあります。

比較的歴史のある銀行

最もわかりやすいのは、三菱UFJ銀行三井住友銀行みずほ銀行といった、メガバンク都市銀行ですね。主要都市を中心としながら全国に支店を持ち、基本的に全国』どこへ行っても同じようなサービスを受けられます。

【主なメガバンク

三菱UFJ銀行

三井住友銀行

みずほ銀行

りそな銀行

 次に、信託銀行。銀行の主要業務(お金を預かる、貸し出す、やりとりする)に加え、お客さんの資産(不動産など)の管理も担います。若手にはあまり関わりのない金融機関といってもよいでしょう。

【主な信託銀行】

三菱UFJ信託銀行

三井住友信託銀行

  そして、地方銀行。関西であれば、関西みらい銀行や紀陽銀行南都銀行などが思い浮かぶでしょうか。こちらは、その銀行の本店がある地域を中心に、メガバンクよりも細かい単位で支店を設けたり、地域密着型の営業をしているといえます。

 【地方銀行大阪府の場合~】

関西みらい銀行

池田泉州銀行

大正銀行 

銀行と地域性

大阪などの都心部では、地方銀行よりメガバンクの営業拠点が多く、便利かもしれません。一方で地方(私の地元、静岡など)にいくと、メガバンクの支店は県庁所在地の大きな街にしかなく、一方で地方銀行の支店が数多くあるといった傾向があるでしょう。

新しいタイプの銀行

以前は、銀行を新たに作って営業させることについて、規制が厳しい事がありましたが近年は規制緩和の波を受け、新しいタイプの銀行が増えています。

たとえば、商業系の会社が銀行を運営している例。イオン銀行セブン銀行ローソン銀行などは、その店舗を利用する方には使いやすいかもしれません。

 たとえば、イオン銀行は窓口が夜9時まで営業しています。仕事終わりでも窓口で直接相談ができる、そんなメリットがあります。

ゆうちょ銀行

郵便局の「郵便貯金」は、郵政民営化の際に、「ゆうちょ銀行」として生まれ変わりました。郵便局が窓口業務をして、ATMが設置されている利便性はそのままに、他行との振り込みができるようになったり、『銀行』としての機能をしっかり満たす、普段使いに役立つ金融機関です。

信用金庫・信用組合

厳密には銀行とは異なります。

使える機能は、銀行とほぼ同じです。中小企業のホームドクターといった意味合いが強い、金融機関です。

大阪には、定期的にお米が届く定期預金商品を販売する信用組合があります。

www.kinsan.co.jp

 あなたにぴったりの銀行は?

世の中には、『銀行』がたくさんあります。

あなたにぴったりの銀行を選んでみませんか。

ここで、銀行を選ぶ時の5つのポイントを紹介します。

・利便性

  • 店舗やATMが自宅や勤務先の近くにあるか
  • インターネット取引ができるか

・取扱商品

  • 自分が利用したい商品やサービスがそろっているか

・手数料

  • ATM手数料、振込手数料はいくらか
  • 手数料が割引や無料になる会員サービスや制度はあるか
泉美智子/監修『今さら聞けない お金の超基本』朝日新聞出版 より

 

 

 ◇人気ブログランキングに参加しています◇

読んでいただいて「面白い!」「参考になった!」と思ったら、
こちらのバナーをクリック!


ファイナンシャルプランニングランキング

 


ファイナンシャルプランナーランキング

 個人情報保護方針
 管理人へのお問い合わせ